スポンサードリンク

ZIPPOをチューンナップ!スーパータンク

スーパータンクは、付属のフェルトキャップを用いることで、ZIPPOのオイルタンク内にそのまま内蔵させて使うことができます。
スーパータンクをZIPPOに内蔵させることで、あなたのオイルライターは、“スーパーオイルライター”に変身します!





実際に使ってる人の感想レビューです。

きちんと説明書通りに組み上げると本当にいいものです。なんと言っても持ちが違います私はかなりのヘビースモーカーで一日平均50本ほど吸うのですがそれでも一週間近く持つようになりました。ただし最初に組み上げたときや、オイルが切れてタンクにオイルを入れ直したときは、すぐにはオイルが芯まで回らないみたいですぐには着火しません。5分ほど待つか、タンクを抜いて中の綿に直にオイルを少量垂らせば使えるようになります。また、外でオイルが切れた時用にもう一つ購入をお勧めします携帯用の栓やキャップが着いていますので安全に持ち運べます。また古い形のジッポー(インナーに滑り止めの出っ張りがない形)にはちょっと緩くてインナーを取り出したときに落ちてしますので注意してください。
| 日記

ガングリップボディZIPPO

実銃さながらの重厚感と手触りがたまらない
ワンアクションで決めるガングリップZIPPO

カッコいい!友人がタバコに火をつける姿をみてシビレたのがコレ。世の中にはいろんなジッポーがありますが、拳銃のグリップがそのままジッポーのスタイリングになっているのです。まるで拳銃を起こすかのごとくワンアクションでフタが見事にパカッと開き、しっくりくるその握り心地は何度でも試してなってしまいます。アウトロースタイルの危険が似合う男性のためのジッポーです。





ジッポーが大好きなマニアのおじさんな私ですがこんなカッコいいジッポーがあったのかと驚いています!知りませんでした。偶然見つけました!これは相当レア物ですよ!なかなか手に入れるのは難しいと思います!チャンスです!
| 日記

ジッポーライター&ウォッチ

今や必需品のジッポと時計が一つのアイテムとして生まれ変わった。

このジッポー時計の文字盤は、ブラックでシンプルなデザインで機能面に優れた逸品。だから使い込むほどに愛着が湧きます。オルゴールのような木箱に入っているのでプレゼントにも最適!時間を合わせるときはフタを開けてから時計を取り外して下さい。
とってもオシャレなジッポーライターです。




時計とライターが融合されたジッポーアイテム
| 日記

ジッポーおじさんのサバイバル豆知識

サバイバルとは?

遭難、災害などの生命の危機から、何とかして生き残ることである。

生存する為の予備知識。


水が補給できなければ、人間は3日で死亡するとされている。一般的には成人男子で一日1リットル以上(健康に活動するためには2リットル以上)の水を必要とする。

しかし海水を飲むと、塩分を尿として体外に排泄するために、飲んだ海水の量よりも更に多くの水を必要とするため、海水は飲んではならない。血液や尿も同様である。

また暑い環境ほど発汗によって大量の水を必要とし、日にあたることによって一層体液を消耗するため、日陰でおとなしくしていた方が良い。

一方、冬山遭難時に、水分を得ようとして、雪や氷をむやみに口にしてはいけない。体を冷やしてしまい、下痢によって脱水症状を起こす他、体を温めようとして、余計に体力を消耗し、死亡率が高くなる。燃料があれば弱火で暖めて、燃料が無ければ手足で暖めるなどして解かして飲む(ただし凍傷に注意)。やむなく口にする場合は極力少しずつにしないと危険である。

天候がよければ、黒いビニール等の上に置いて、雪や氷を溶かすことができることもある。また食物を取ると、消化のために水分を必要とするため、水が乏しい場合には食事の量を抑える。


食料
人間はいくら水が豊富に飲めても、それ以外の食物を何も口にしていないと、概ね3週間〜一ヶ月で死亡する。一般的には、男性よりも女性の方が、皮下脂肪が厚く基礎代謝が少ないため飢餓に強いとされる。

食事は寒い環境では体温を上げるために、糖質や脂質が多い方が望ましい。水が乏しい環境では、肉などのタンパク質を多く取ると、消化吸収により多くの水を必要とするため、注意が必要である。海の上で遭難した場合、釣具があれば食料である魚が手に入るが、水は貴重であるため、魚を食べるのは感心しない。

なお魚の脊髄周辺には、比較的塩分の少ない体液が蓄えられているので、丸ごと食べるか脊髄周辺の体液をすする事で水分を補給できる。動物などの脂身(脂質)はどんな環境であっても生存に必要なエネルギー源となり、また保存しやすいため、非常によい食料である。

塩は失われやすいミネラル分であるため、水が十分あり、暑い環境や脱水症状を起こしそうな場合には、意識して必ず取るようにする。


体温
体温は動物の活動と密接な関係があり、恒温動物である人間にとって、体温異常は致命的な問題となる。体温を上げるためには食物が必要であり、糖質・脂質はエネルギー源に最適である。体温を下げるためには水が必要で、同時に発汗によって失われる塩分を始めとするミネラル分を補給しないと、体調を崩して体力を余計に消耗する。

低体温症は体の内側(直腸温度)が35度以下になると発生する。体温が26度以下では意識を失い、生命が危機的な状況である。目が醒めていて起きている場合には、自律神経の働きにより低体温症を起こしにくいが、極度の疲労や睡眠不足により熟睡してしまうと、日本国内の夏場の夜間・屋外であっても、低体温症に陥る危険がある。また風が吹いている場合は、風によって体温が奪われるため、気温が低く肌寒い環境では、防寒対策が必要である。応急処置は胴体を38〜43度程の湯に漬けて暖める。気温が10度であっても風速10m/秒(時速36km 枝が揺れ、大きな旗がはためく程度)では、体感温度は0度に匹敵する。

熱中症は異常に体温が上がってしまった時などに起こる。重労働をしている時や湿度が高い時には特に注意が必要だが、締め切った車内等では日本の4月頃の陽気でも起こり得る。応急処置は衣服を緩めて楽な状態にして、冷水タオルなどを使って体を冷やし、意識がはっきりしている場合には、ゆっくり水分を補給させる。


サバイバルの道具
過去のサバイバル事例において、生死を別けた物品には様々な物がある。以下に挙げるのは、幾つかの事例において、その有効性が立証されたものである。


長期・短期を問わず有効とされる物
マッチ・ライター等の点火器具
火は熱と光を与えるため、夜の闇を照らし、冷えた体を温め、生のままでは食用に適さない動植物を食料に変え、汚水や海水などの飲用できない水を蒸留するために利用され、野生動物を避けさせて安全な寝床をもたらし、日中の煙や夜間の光で捜索隊から発見される確率を高めてくれる。その他、きちんと管理された火は見る者を安心させ、炎はささやかな娯楽を提供してくれる。長期のサバイバルにおいては、有限の点火器具を長持ちさせるため、火を絶やさないように、かまどを作って火を保護する必要がある。また、晴れの日には虫眼鏡ないし凹面鏡(もしくは大量の鏡)も有効であろう。


ナイフ
刃物の類いは、基本的な道具であるため、様々な局面で役立つ。手や爪や歯が役立たないほど丈夫な物を壊して移動経路を作るのに使える他、様々な道具を作るのに役立つ。ただし、この道具の設計強度を無視して、あまり無理な使い方をするべきではない。後々になって「あの時、壊れていなければ」と悔やんでも遅いのである。ナイフを使用する際は、怪我をしない・させないために細心の注意が必要である。特に厳しいサバイバル状況下では、十分な治療を受けにくいことから、負傷は命取りになりかねない。また、国内では銃刀法・軽犯罪法により、刃物の所有・運搬・携帯には、厳しい制限があり、注意が必要である。



布は遭難初期の頃は衣服等の形で幾らでも手に入るが、時間が経つにつれて清潔な布が入手しにくくなる。布は様々に加工して利用する事が可能であるため、比較的早い段階で確保しておくのが望ましい。しかし衣服は、脆弱な人体を保護する役目があり、寒い所では保温、暑い所では断熱、直射日光や虫・植物のかぶれから皮膚を保護するのに必要であるため、着ている衣服を無闇に布地として切り裂いて用いるのは良くない。出来るだけ肌着などの柔らかい布を用いるようにして、上着などは服のまま使用すると良いとされている。負傷時の包帯や、止血の際には圧迫用のパッドとして、また骨折時には添え木を使って患部を固定するのに使用する。また体を衛生的に保って病気を防ぐのにも布は必要である。長期間の場合は不衛生な布は小さな傷の化膿を招くため、定期的に洗って干し清潔にしておくのも大事である。


ポリタンク
非常時に水を運び、蓄えるのに役に立つ。同様の用途では、やや耐久性に劣るが、ビニール袋でも代用可能で、また防災用品の中には水運搬用のビニール袋も販売されている。その一方で長期では燃料の確保も重要であり、液体燃料の運搬や保管には、専用のタンクがあると便利である。

しかし粗悪なポリタンクや水専用のタンクに燃料を入れるときわめて危険であり、注意を要する。日本では灯油用のポリタンクにはJIS規格をパスしたものに、日本ポリエチレンブロー製品工業会が灯油かん推奨認定ラベルを貼付しているので確認できる。

なお灯油用タンクにガソリンを入れるのも危険で、ガソリンにはガソリン用の金属製タンクを用いる。燃料の入ったタンクは、火気を絶対に避け、遠ざけることが重要で、同様の理由により燃料タンク周辺での喫煙も危険である。特にガソリンタンクは揮発したガソリンがタンクを破裂させないよう、外部に放出するようになっているため、ガソリンタンク周辺での喫煙を含む火気の取り扱いは非常に危険である。


靴 テレビでもいってました。普段から地震や水害等に備えて枕元にセットしておきましょう
地震発生時等にビジネスシューズは不利である。釘、ガラス等の踏み抜き事故に強い底の丈夫なものを選ぶ。くるぶし・アキレス腱を負傷・捻挫から守るためには深めのデザインが良い。

サイズ合わせは慎重に、足が疲れるほどにキツイものは良くないが、逆にゆるい長靴などは中に水がたまったりすると移動を困難にさせるため、良くフィットした歩きやすい靴が必要である。屋内でも家具や食器の破片で怪我をする可能性がある事から、寝室に靴を用意することも防災の観点で勧められている。合成皮革・化学繊維は熱に弱いのが弱点。丈夫な皮革、キャンバス地のハイキング・シューズなどが適する。

ゴア・テックスを使用したタイプは防水性に優れている。冠水するほどの水害の際には、長靴よりもむしろ長ズボンにスニーカーの方が行動しやすく安全である。漂流物で怪我をすることがあるため、足が露出した服装で冠水時に移動しない方が良い。


短期のサバイバルに必要とされる物
懐中電灯・携帯電話 (またはトランシーバー)
これらの器具は、都市部でテロや災害に巻き込まれた際に役立つ。都市部の場合、電力が失われ、突然暗闇になる危険があるためである。これは例え日中であっても同じ事であり、トンネルや地下鉄・ビル内において、照明が失われてパニックが発生する事もある。そのような時は、小さな明かりでも、精神的な支えになり、安全な脱出経路を探すのに役に立つ。マッチやライター等の点火器具は、都市災害の場合には、可燃性ガスやガソリンといった可燃物が漏れ出している際に使用すれば自殺行為になるため、使用が制限される場合が多い。近年ではLEDライトなどの小型・軽量で長時間点灯可能なポケットライトも販売されている。携帯電話も同様に、照明になり、通信にも利用でき(圏外になっていなければ)、音を発する事もできる、一石三鳥の役割を果たす道具になる。この場合はどこでも使用できるトランシーバーが有利とも言える。

長期のサバイバルに必要とされる物

文明社会ではいくらでも手に入る紙も、文明から隔絶された場合には、非常に貴重で、また役立つ。木などの燃料に点火する場合に火口に使ったり、寝る際の寝具の代用品にしたり、風雨を避けるための簡易雨具に利用する。また清潔な紙は布の代用品として、傷口に当てるなどしても利用できる。その他、本は退屈を紛らわせるために有効である。トイレットペーパーが無い場合にも役に立つ。


ビニールシート
ビニールシートは防寒具に、雨具に、建具に、海水や泥水や草木や小便等から真水を得る際にも役立つ。また水を蓄える容器を作るのにも役立つ。嵩張らず携帯にも非常に便利でもある。蒸留水を作る際には、浅い穴を掘って、中央に水を蓄えるコップなどの小さな容器を置き、その周囲に海水や泥水等の飲用に適さない水を入れ、穴を光を通す薄いビニールで覆ってしまい、そのビニールシートの中心(コップの真上)に小石を置いて、中心部が最も低くなるようにしておく。穴の中は太陽熱などで水が蒸発して湿度が高くなり、ビニールの表面で大気によって冷やされ、水滴となってコップに溜まる。この方法で、草木の汁や朝露を蒸留する事も可能である。

上に書いているやり方もいいのですが、1番簡単な方法だと思うのはドラム缶等を用意して完全密閉してから一箇所だけ穴をあけてそこにホースをつっこみホースの先にカラの容器を用意して水をためる方法がベストではないでしょうか?

用意が出来たらあとは海水の入ったドラム缶を火でガンガン暖めていけば水蒸気がどんどんできますのでこれを飲み水等に使うことができます!

別にこの方法じゃなくてもいいんです。とにかく水蒸気を作ることを考えるといいのです。

普段からジッポーを持っておきましょう!炎から水を作り出すことができるのです!

これ大事です!テレビでもやってました!海水でも簡単な道具で水を浄化して飲むことが出来るんです!まず最低いるものは火です。

火で海水を沸騰さしてその水蒸気を集めて飲めばいいんです!塩分はきれいに飛んで水道水とほぼ同じレベルまたはそれ以上の水として飲めるのです。

こんな簡単な仕組みを私は知りませんでした。頭っから海水は飲めないという先入観でいましたので知ったときは驚きでした。

知らなかったという人多いと思いますよ。是非覚えといてください。

これはテレビチャンピオンという番組で素人の人が無人島で現地の廃材等で作って見事に100ccあまりの水を水蒸気でつくっていました。

水の成分を計ってみると水道水と同じレベルまたは水道水以上のレベルの水を海水を浄化させてみた人もいました!

もちろん海水を浄化して作った水を飲んでいましたよ!


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


上に書いてる方法はしんどいなぁという人はいいものがあります!
まあほとんどの人はそうでしょう!
サバイバルを生きぬくために一番大事な物はなんと言っても水です。
これは持ち運びが出来る浄水器です。これがあるのとないのとではぜんぜん違います。大地震などがおこったときなどは水道管などは破裂してしまって飲み水としてはほとんど期待できないのではないのでしょうか。しかしこの浄水器なら少々汚れた水でも浄化して飲むことができます。




テレビでもいってました。普段から地震や水害等に備えて枕元に災害対策道具をセットしておきましょう。最低水は携帯用の浄水器と火はジッポーや百円ライターでもいいので持っておきましょう!小さな釣り道具セットも用意して置くのもいいかもしれません。

| 日記

オイルスタンド

ジッポオーナー必見のオイルスタンドです。人気ドラマプライドのインテリアにも登場しました!
オイルライター用のオイル缶ホルダーとオイル供給用具です。
1940年〜1950年代のオールドアメリカンのガソリンスタンドタイプ。
なんとライターのメンテナンスキットもついてます。


| 日記

ZIPPO 20インチ折りたたみ自転車

ジッポ フォールディンブバイク
シマノ製6段変速ギア&ミッドバックサスペンション搭載折りたたんでトランクにスッポリのコンパクトサイズオイルライターだけでなく自転車でも話題沸騰!


| 日記

カジキ ZIPPO

魚釣り好きに大好評の魚シリーズZIPPOジッポーが、デザイン新しくなり誕生しました。レギューラーモデルZIPPOジッポー200をベースに、魚体の美しさを再現した特性七宝メタルを接着したZIPPOジッポーライター。イオンメッキ加工をした上にメタル貼りされたカジキは、まるで澄んだ水中を元気に泳いでいるようです。


| 日記

ZIPPO 腕時計

吟味されたデザインと厳しい品質管理によって生まれた、USジッポー社認定のプレミアムモデルのジッポーウォッチです。暗闇でも時間がわかる12のグリーン・サークルライトと強力なビームを放つ サーチライトを装備したGTXシリーズです。精悍なスタイルにジッポーの遊び心が光ります。



釣り好きの人、夜釣りにいいです!
| 日記

DRAGON ZIPPO

ドラゴン ジッポ かっこよすぎる!ここまでくるとただのライターじゃない、芸術です。



ドラゴンが巻きついた迫力のあるジッポ。アクセ感覚で持てます!
| 日記

ZIPPO(ジッポー)ハンディウォーマー

■ ZIPPOブランドの、オイル充填式のカイロです。釣り、スキーなどの冬のアウトドアーや、スポーツ観戦などでの使用に最適です。専用のフリース製の袋が付属しています。
■ アイウィルのZIPPOハンディウォーマーにはオレンジかブルーのストラップが付属します。首からぶら下げてスタイリッシュに。
■ ZIPPOハンディウォーマーは直接オイルを燃やすのではなく気化したオイルがプラチナの触媒作用で酸化発熱する化学カイロです。使い捨てカイロの様に廃棄物が発生せず、環境に優しい携帯カイロです



こんな商品があったなんて知りませんでした。今まではカイロを大量購入していましたが、これなら何度も使いまわせてしかもカッコイイ。しかもカイロより暖かく長時間の利用が可能。オイルを沢山入れればで24時間の連続使用もできます。オイルの値段は安いのでコストパフォーマンスもなかなかオシャレな男性なら持っておきたい一品ですねちょっと自慢できます。
| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。